950

*羊毛のカメさんの作り方*

◆用意するもの
甲羅用くるカラ(菓子くるみでも鬼くるみでもOK)
羊毛 
ベース:中詰め用羊毛0.5g
ボディ、顔、足、しっぽ、お腹:グリーン
2g 
目:黒
(少量)  口:刺しゅう糸(黒)
フェルティング用ニードル、木工用ボンド 
フェルティングマット(台所用スポンジ・メラミンスポンジなどでも代用可)

◆始める前に
グリーンの羊毛を4等分しておきましょう。
顔・足&しっぽ・ボディ・お腹と使います。

◆作り方(ここでは菓子くるみを使っています)
①  中詰め用羊毛をとり、くるくるときつめに巻いて巻き終わりを刺し留める。
そのあと全体をいろんな方向からニードルで刺し、丸̃卵型に形を整えてベースを作る。
グリーンの羊毛4分の1を取り、少しずつベースにきつめに 巻きつけていく。
※鬼くるみの場合は、中詰め羊毛は半分程度使用します。
 
manual_kamesan01

巻きつけたら同様に巻き終わりを刺し留めて全体をいろいろな方向から ニードルで刺す。
ときどきくるカラに入れてサイズを確認しながら、くるカラにすきまがないように
きっちり入る大きさにする。高さはくるカラからは盛り上がらない程度にする。
(あとで、顔・足・しっぽ・お腹のパーツをつけるため)

manual_kamesan02

② 顔・足・しっぽ・お腹のパーツを作ります。
大きさは【参考サイズ】の図を参考にしてください。
ただし、使うくるみの大きさにより大きさの調整が多少必要です。

<顔の作り方>
グリーンの羊毛4分の1をとり、棒状に巻いていく。
顔のふっくらした部分は、 多めに巻いてふくらみを持たせる。
巻き終わりを軽く刺し留めた後、全体を 刺して形を整える。
接着(根元)部分はふわふわのままにしてください。
 
manual_kamesan03

<目・口の付け方>
黒の羊毛をほんの少しとる。指の腹で転がして丸くしたものを顔パーツにニードルで刺しつける。
 
manual_kamesan04
 
manual_kamesan05

口を刺しゅう糸で刺しゅうする。※図を参照

<足・しっぽの作り方>
しっぽはグリーンの羊毛4分の1をほんの少しとって、顔の作り方と同じように棒状に巻いていく。
巻き終わりを軽く刺し留めて全体的に形を整える。
残りの羊毛を4等分にして足を4つ作る。
すべて接着(根元)部分はふわふわのままにしておく。

<お腹の作り方>
グリーンの羊毛4分の1をとり、くるくると渦巻状に平らに巻く。
巻き終わりを軽く刺し留め、いろいろな方向から放射状に刺して形を整える。
大きさはくるみに合わせて調整してください。
 
manual_kamesan06

ボディのパーツがそれぞれそろいました。
これからそれぞれのパーツをつけていきます。

manual_kamesan07
 
③ それぞれのパーツをつける。(顔・足・しっぽの付け方は同じです)

manual_kamesan08

④ お腹をつける。パーツの接着部分にふたをするようにかぶせて、
全体を刺してくっつける。

manual_kamesan09

⑤  いったんボディを外して、くるカラの内側にボンドをつけてボディをはめこんで
接着したらできあがり♪
陸ガメみたいなカメさんです。サイズ違いで作って親子孫ガメもいいですね♪

952

☆使用羊毛(ハマナカ)
中詰用羊毛…ニードルわたわた(生成・no310)・・・使わなくてもOKです
が、ベースを作るには扱いやすいです。
グリーン(フェルト羊毛ミックスno213)
黒(フェルト羊毛ソリッドno9)

にじいろたまごさん作成の羊毛キットがおかいものページにあります。
カメさん2匹分の羊毛が入ってお得です。くるみの殻も4種類から選べますのでぜひどうぞ!

羊毛カメさんの作り方印刷用PDFがここからダウンロードできます

copyright 2011 羊毛フェルトのマスコット制作  にじいろたまご
Sunny Place  http://www.lady-birds.net

この手引の著作権は にじいろたまご に帰属します。個人でのご利用以外の目的、
商用目的での利用は禁止されています。 商用目的での利用は著作権者の許可を得て下さい。