**羊毛フェルトのきほん**
 
 
◆まず、「羊毛フェルト」とは

羊毛をギザギザのある特殊な針(フェルティングニードル)で刺していくと繊維が固まっていきます。(フェルト化といいます)

manual_felt_basic_01

左のボールは、軽く刺して整えただけのもの、そして右がかたくなるまで刺して形を整えたものです。
このように刺せば刺すほどかたくなり、小さくなります。これが羊毛フェルトの原理です。
このことを利用してパーツを作り、それぞれのパーツをつなげていくことでマスコットなどを作ることができます。
 
 
◆羊毛について

羊毛にはいろいろな種類がありますが、大きく分けて3つのタイプがあります。

manual_felt_basic_02

①わた状の羊毛…主にベースを作るときに使います。わた状なので、丸めたりして形を手で整えてからニードルで軽く刺すだけで形ができてきます。
②スライバー状の羊毛…一般的なのはこのタイプです。繊維が一定方向にきれいに並んでおり、ごみなども取り除いてあります。
③シート状の羊毛…あらかじめ軽くプレスしたシート状の羊毛です。作業時間を短縮でき、初心者の方でも簡単に作業できます。
 
 
◆フェルティングニードルについて

針の先にギザギザがあります。このギザギザに羊毛が絡んでいくと縮まってだんだんかたくなっていきます。普通の縫い針にはこのギザギザがないのでフェルト化はできません。

manual_felt_basic_03

ニードルはまっすぐ刺し、まっすぐ抜きましょう。横からの力が入る(しならせる)と、針が折れる原因となります。また針の先はとても鋭くなっています。指を刺すことがありますので、なるべくフェルティングマットの上で作業してください。

manual_felt_basic_04
 
◆そのほか必要な道具

①フェルティング用マット…ハマナカのフェルティングマット(200円程度)をおすすめしますが、とりあえずとしては入手が簡単なメラミンスポンジや台所用スポンジなどでも代用できます。
②ハサミ…毛羽立ちをカットするのに小さなハサミがあると便利です。
③木工用ボンド…くるカラと羊毛のパーツの接着に使います。

※ほかにも作るものによっていろいろありますが、ここでは最低限必要なものについてご紹介しました。
 
 
◆基本の形の作り方

①フェルトボール
羊毛を適量とり、毛糸玉を作るように巻きつける。巻き始めはしっかり、かためにがコツ!

manual_felt_basic_05

巻き終わりを軽くニードルで刺し留めて、そのあといろんな方向からチクチクと刺していくと繊維が絡まってフェルト化してきます。はじめは深めに、仕上げは浅く刺すときれいに仕上がります。
 
 
②棒状

manual_felt_basic_06

羊毛を適量とり、棒状に巻いていきます。巻き終わりを軽くニードルで刺し留めてから形を整える。
(応用)太くしたい部分には多めに巻き、細くしたいところには少なめに巻いてかたく刺すと円すい形なども作れます。
 
 
③円盤状

manual_felt_basic_07

羊毛を適量取り、くるくると渦巻き状に巻く。
まき終わりを軽くニードルで刺し留めて、いろいろな方向から放射状に刺して形を整える。 
 
 
④小さいパーツ

manual_felt_basic_08

動物の目、などの小さいパーツを作るときは、少量の羊毛をとり、指の腹でころころと転がして玉にする。そのあとニードルで形を少し整えてからパーツを接着する。
 
 
◆よくある質問

①どのくらいかたくすればいいのですか?
 ・・・実はきまりはありません! かたさには個人差、好みがあります。ただし、実用的なもの(ストラップなど)は形が崩れやすいのでかために作ったほうが長く使えます。逆にインテリアとして飾るものでしたら多少やわらかくても大丈夫です。

②毛羽立ちが気になります
 ・・・仕上げに毛羽立っている部分を小さめのハサミでカットするとかなりきれいになります。また、完成後も使っていると毛羽立ってきますがこの時もハサミでお手入れすると長持ちします。

「羊毛フェルトのきほん」マニュアル印刷用PDFがここからダウンロードできます

copyright 2011 羊毛フェルトのマスコット制作  にじいろたまご
Sunny Place  http://www.lady-birds.net

この手引の著作権は にじいろたまご に帰属します。個人でのご利用以外の目的、
商用目的での利用は禁止されています。 商用目的での利用は著作権者の許可を得て下さい。