sunnyplace20080914

*ハリネズミのピンクッションの作り方*

◆用意するもの
くるカラ(菓子くるみでも鬼くるみでもOK)
羊毛  (ベース:中詰め用羊毛1.5g  ボディ:グレー2g  顔:ベージュ1g 
目:黒
少量 鼻・茶色
少量)
フェルティング用ニードル 木工用ボンド 厚紙:3cm×1cm(耳の型を作ります)
フェルティングマット(台所用スポンジ・メラミンスポンジなどでも代用可)
おもり(不安定になりますので気になる方はご用意ください。パチンコ玉のよ
うなものが最適です)

◆作り方
manual_harinezumi_01
① 中詰め用羊毛をとり、くるくるときつめに巻いて巻き終わりを刺し留める。そのあと全体をいろんな方向からニードルで刺し、俵型に形を整えてベースを作る。

manual_harinezumi_02
グレーの羊毛を半量取り、少しずつベースにきつめに巻きつけていく。
巻きつけたら同様に巻き終わりを刺し留めて全体をいろいろな方向からニードルで刺す。

manual_harinezumi_03
ときどきくるカラに入れてサイズを確認しながら、くるカラにすきまがないようにきっちり入る大きさにする。高さはくるカラから1cmほど盛り上がったくらいにする。

② ベージュの羊毛で耳と顔のパーツを作り、顔に鼻(茶色)目(黒)をつける。

<耳の作り方>

manual_harinezumi_04
厚紙を折り曲げて耳の形を作り、端をテープで留めて型にする。(大きさはこのページの写真を参考にしてください)マットの上に型を置き、型の中にベージュの羊毛を少量入れ、ニードルで刺してかためる。接着(根元)部分はふわふわのままにする。

<顔の作り方>

manual_harinezumi_05
残りのベージュの羊毛をとり、棒状に巻いていく。画像のように根元側は多めに巻いて、先がややとがった形にします。巻き終わりを刺し留めてから、全体を刺して形を整える。
 
<目・鼻の付け方>

manual_harinezumi_06
羊毛をほんの少量とる。指の腹で転がして丸くしたものを顔パーツにニードルで刺しつける。
目は黒の羊毛、鼻は茶色の羊毛で刺しつける。大きさは写真を参考にしてください。

manual_harinezumi_07
顔「ほぼ」実物大(くるみの大きさで調整してください)↑

③ 顔パーツをつける。接着(根元)部分をニードルで刺してパーツを固定する。そのあとボディの周りを覆うように残りの半量のグレーの羊毛を巻きつける。

manual_harinezumi_08
端と数カ所をまずニードルで軽く刺し留めてから全体を刺して形を整える。

manual_harinezumi_09
←全体の形を整えた状態

manual_harinezumi_10
④ 耳をつける。顔パーツ同様、接着(根元)部分を中心にニードルで刺して固定する。

sunnyplace20110221b
⑤ くるカラの内側にボンドをつけてボディを接着したらできあがり♪

sunnyplace20080914b
☆左は菓子くるみ、右は鬼くるみを使用しています。大小のくるみを使って作ると親子ハリネズミにもなります♪
羊毛は油分があり、錆を防いでくれますのでピンクッションに最適ですし、インテリアとしていくつかお部屋に飾っても可愛いです。
是非作ってみてくださいね。

☆使用羊毛(ハマナカ)
中詰用羊毛….ニードルわたわた(生成・no310)
中詰で見えないのでどんな羊毛でもOKです!
グレー(フェルト羊毛ナチュラルブレンドno806)
ベージュ(フェルト羊毛ミックスno211)
黒(フェルト羊毛ソリッドno9)
茶色(フェルト羊毛ソリッドno41)

にじいろたまごさん作成の羊毛キットがおかいものページにあります。
2匹分の羊毛が入ってお得です。くるみの殻も4種類から選べますのでぜひどうぞ!

ハリネズミのピンクッションの作り方印刷用PDFがここからダウンロードできます

copyright 2011 羊毛フェルトのマスコット制作  にじいろたまご
Sunny Place  http://www.lady-birds.net

この手引の著作権は にじいろたまご に帰属します。個人でのご利用以外の目的、
商用目的での利用は禁止されています。 商用目的での利用は著作権者の許可を得て下さい。